時計投資の側面としてヴァシュロンのフィフティーシックスを購入

腕時計投資

時計投資の側面としてヴァシュロンのフィフティーシックスを購入

時計投資で資産形成を考えていますか。

本記事では、ヴァシュロンコンスタンタンのフィフティーシックス(Ref.4600E/110A-B487 

投資の側面で購入したことによる資産価値の変化をご紹介します。

メタルブレスを選択した理由や購入後の使用感等を、実機の写真と共にご紹介したいと思います。

時計投資に興味のある方にはおすすめの記事となっております。

高級腕時計はある特定のブランドやモデルに人気が集中する傾向があります。

近年人気ブランドの人気モデルとして

『ヴァシュロンコンスタンタン』のフィフティーシックスが

時計好きの間で話題になっています。

ヴァシュロンコンスタンタンとは?
  • 世界三大腕時計メーカーに数えられるブランド
  • パテックフィリップとオーデマピゲ共に雲上時計と呼ばれている
  • 製造工程・経営の歴史などが超一流
  • 最古の部類の歴史を持つ時計ブランドとして知られ、その歴史は250年を軽く超えています。

近年の腕時計の相場上昇は止まらず、

ロレックスやパテックフィリップなどの人気上位モデルは軒並み高騰を続けています。

その人気は、ヴァシュロンコンスタンタンにも火が付き、

正規店での予約が困難な状況です。

目を付けた時計は早く行動しないと
すぐに手に入らなくなってしまう現状です。

ヴァシュロンのフィフティーシックスに時計投資① – 資産価値の変化

結論

ヴァシュロン・コンスタンタン フィフティーシックス - 4600E/110A-B487 null
引用:公式サイト(URL

 

取引が少なく明確な相場を断言できない。しかし…

  1. フィフティーシックス(Ref.4600E/110A-B487 1,531,200円で購入
  2. 値上げにより、現在は1,760,000円。定価が購入金額を上回る。
  3. 出品されている実勢価格は2,500,000円前後。

necomonは1,531,200円で2021年5月に予約しました。

2022年になり定価の値上げがありました。

現在は1,760,000円の定価となっています。

値上げ前に予約できたためタイミングが良かったです。

ヴァシュロンコンスタンタンの場合、

予約時点で計上額が固定になります(2021年4月時点)。

市場で出回っている数が少なく、

明確な相場は提示できませんでした。

海外の腕時計マーケットプレイスで240万円以上の販売が2件確認できました。

フィフティーシックスとは?
  • 1956年の名作『Ref.6073』から着想を得た。
  • クラシカルさを残しつつ現代的なデザインにブラッシュアップされた今注目のモデル。
  • 高品質かつコストを抑えたムーブメントの採用により、世界三大腕時計ながらも100万円代~の価格が実現された。コストパフォーマンスに定評がある。
  • ステンレススチールケースはじめとし、ピンクゴールド等の貴金属モデルも展開されている。
  • コンプリートカレンダーやトゥールビヨン等の上位機構を備えたモデルも複数展開されている。

実物資産・現物資産としての評価

  • 現在の定価よりも安く購入。
  • 需要>供給のバランスである傾向。
  • 今後の価値上昇が期待できる。

necomonが予約して数か月後には

予約ストップとの情報を耳にしました。

フィフティーシックスのブレスモデルはブティック限定の為、

欲しい人がいる反面出回りが少ないです。

今後の価値上昇は十分に期待できるのではないかと考えます。

価値上昇が期待できる根拠

  • すでにマーケットプレイスで定価+100万円以上のプレミアム価格で出品がある

【時計投資の始め方。失敗しない為の4つの心得と購入方法を紹介】

トケマッチなら高級腕時計をサブスクで気軽に楽しめます!

一生ものに一本は欲しいという場合、レンタルで試すことができるのでお勧めのサービスとなっております(^^)

ヴァシュロンのフィフティーシックスに時計投資② – 購入方法・試着

きっかけ

  • 愛猫との別れに傷心。
  • 気晴らしのため、衝動買いに近い行動をとる。

2021年4月の出来事です。

3月にnecomonは20年間一緒だった愛猫を亡くしてしまい、

非常に気分が落ち込んでいました。

心の隙間を埋めるため時計の購入をし、

気を紛らわそうと思ったのかもしれません。

自分でもわかっていましたが
衝動買いでした。

具体的な時計選び

  • メタルブレスレットのスポーツ時計
  • 実用性のあるステンレススティール
  • ブルー文字盤

基本的なスタンスとしてブレスレット仕様の

比較的シンプルなモデルをコレクションしています。

あとは文字盤色の決定でした。

青文字盤を持っていなかったので、候補を絞ることとしました。

ショパールの『アルパインイーグル』も良いし、
ブレゲの『マリーン』もいいな~。

結局は…

  • 世界三大時計のエントリーモデルをチョイス
  • その中でもヴァシュロンコンスタンタンを候補に

色々回り道して悩んだ結果、

世界三大腕時計はいつか一本ずつ持ちたいという目標がありました。

初のヴァシュロンコンスタンタンで良いものが無いか探すことにしました。

候補として挙がったのが

  • オーバーシーズ
  • フィフティーシックス(ブレスレット仕様)

この2点でした。

ヴァシュロン・コンスタンタン フィフティーシックス - 4600E/110A-B487 null
引用:公式サイト(URL
世界三大腕時計とは?
  • パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲの3つのブランドを指す。
  • それぞれ長い歴史と高い格式を有している。
  • 高い技術力により品質の高い腕時計を作っている。世界三大腕時計の多くは、時計の心臓部分であるムーブメントから外装まで自社で一貫製造する『マニュファクチュール』の腕時計を制作していることで有名。

実店舗での予約

  • せっかくなら正規店で買ってみたい。
  • オーバーシーズは予約ができなかった。
  • フィフティーシックスは予約はできたが1年待ち。

necomonはヴァシュロンコンスタンタンの正規店に足を踏み入れることとなったのです。

なぜ、並行輸入店ではなく正規店を選んだかというと

  • 今まで高級時計を正規店で買ったことが無かった。
  • 並行輸入店に目当てのモデルがどこにも売ってなかったからです。

オーバーシーズは見かけましたが

定価の2倍以上のプレミアム価格で手が出せませんでした。

まず、実店舗に足を運ぶ前に事前連絡をしました。

今は便利な事に、チャット機能でお店の方とやりとりをすることができました。

公式サイトのチャットで
在庫確認や見積もりが気軽にお願いできますよ!

フィフティーシックスのブレスレット仕様は

およそ1年以上予約待ちということをお聞きしました。

このとき、ダメ元でオーバーシーズの予約はできるかどうか訊いてみましたが、

超人気モデルだったのでやはり予約はできませんでした。

そのためフィフティーシックスの購入意思をお店の方へ伝えました。

来店予約をし、後日正規店へ足を運びました。

ヴァシュロンの予約システム

  • 予約時点で原産地であるスイスに発注
  • 頭金として価格の50%~100%支払いが必要
  • 残りの金額は腕時計が届いた際に計上

実店舗で、スタッフの方の案内を中心に商談が進められました。

事前に購入の意思は伝えていたので、

あとは細かな手続きの説明が主でした。

途中で、革ベルト仕様でしたが実機モデルの案内と

他モデルの新作案内もしてもらいました。

店に用意してあった他の顧客のオーバーシーズ見せてもらいましたが、
とんでもなくかっこよかったです。

予約時点で原産地であるスイスに発注をかけ、

頭金として価格の50%~100%支払うシステムという説明がありました。

当時のフィフティーシックスの価格が約150万ほどだったのですが、

頭金の50%をクレジットで支払いました。

残りの半分は、腕時計が届いたときに計上するという事でした。

良心的なヴァシュロン

  • 仮に予約後で定価の値上げがあったとしても、予約時点の金額で固定される。
  • つまり上乗せして金額を払う必要がない!(2021年5月時点)

あとは連絡をゆっくり待つだけです。

1年待ちと言われ、気長に待つことにしました。

結局は1年経過しないうちに納品

2021年12月のある日、突然連絡が来て商品の手配が完了したとの事でした。

『全然1年以上経ってないけど!もう来たんだ』と、

思った以上に早くて驚きました。

近日中にお店に行き、簡単な操作の説明やブレスレットのコマ調整を行ってもらいました。

そして無事商品を受け取りました。

実機レビュー

外観

文字盤

細かな一つ一つの仕上げが全体のバランス間に貢献している。

文字盤のデザイン

  • 古き良きデザインを踏襲しつつ、現代的な外観。
  • 長い秒針が印象的。

文字盤タイプはセクターダイアルで、レトロな雰囲気があります。

バーインデックスとアラビア数字が交互に配置される事によって、

メリハリがついており視認性がとても良いです。

カレンダーは個人的には無くても良い派なのですが、

文字盤の青に背景が統一されており、細かいところまで統一感があって好印象です。

秒針が非常に長く、ケース全体とのバランスが良く見えます。

レトロ感を出しつつも古さを感じないスタイリッシュな印象です。

ケース、ムーブメント

ケースからブレスレットにかけてドロップダウン仕様となっている。手首の形状に合うように設計されている。
ベゼルはスムースになっており、ポリッシュ仕上げ。

ケースのデザイン

  • 殆どがポリッシュ仕上げのため高級感あり。
  • 薄すぎず厚すぎず、ドレスとスポーツの中間よりの設計。

ケースのラグは、このモデルの原型となった『Ref.6073』を継承した形となっております。

ベゼルはスムースで幅が細く、

ポリッシュ(鏡面)仕上げとなっています。

一番傷がつきやすい部品の一つなので、使用の際には少し心配です。

ケース自体も全部ポリッシュ仕上げとなっているので光沢感があります。

ケース厚は薄めに作られており、

ややドレスウォッチ寄りのクラシカルな印象を受けます。

ケースの中心からブレスレットにかけドロップダウン形状をしているので、

細かな工夫が腕周りの装着感に配慮されています。

裏蓋はスケルトンバックの使用で、

自動巻きのムーブメントを楽しむことができます。

ローターにはゴールドが使用されており、

ヴァシュロンコンスタンタンのシンボルであるマルタ十字が施されております。

このモデルは一部の製造工程を他社に委託してコストを抑えていますが、

マニファクシュール(完全自社一貫製造)に

それほど強いこだわりがないのでとても満足しています。

ブティック専用仕様のブレスレット

ブティック専用ブレスレット

  • 革ベルトのモデルは通常仕様。
  • ブレスレットのみで購入する事はできない。
  • 革ベルトは購入可能。

ブレスレット仕様のコマは5連ブレスです。

細かく交互にポリッシュ(鏡面)仕上げとサテン(ヘアライン)仕上げが施されており、

光の角度によって立体感が生まれます。

ブレスレット仕様はブティック限定モデルであり、

ブレスレットのみの販売は正規店で行っていないそうです。

バックルの中心にもマルタ十字の刻印が彫られており、非常にかっこよいです。

開錠はプッシュボタン式の観音開きタイプとなっています。

着用感

手首周り

  • 40mm前後で、16.5cmの手首にはジャストサイズ。
  • 着用感を考慮したドロップダウン形状で隙間ができにくい。
  • きめ細かなブレスレットで着用感が抜群。

フィフティーシックスのケース径は40mmです。

40mm前後の腕時計が主流となっている現代ではスタンダードなサイズ感です。

ベゼルが細く文字盤の面積が広いため、

実際のサイズよりもやや大きな印象を受けるデザインです。

necomon(手首周り16.5cm)が着用したところ、

時計の存在感を残しつつ大きすぎない印象を持ちました。

日常使いに最高のサイズ感です。

工夫されたドロップダウン形状により、

ケースと手首周りの隙間もほとんどなくフィット感があります。

ブレスレットもきめ細かな構造となっている為、長時間着用していても快適でした。

文字盤の色合い変化が面白い

暗い屋内
日陰の屋外
明るい屋内
すごく明るい屋内

光の加減により文字盤が変化

  • 明るめのリビングや晴れた日の屋外 → 鮮やかなブルーやグレーに近いブルー
  • 照明の暗い屋内や夕暮れだと → ネイビーに近い色合い

文字盤色はぺトロールブルーのマットな仕上げで、

非常に綺麗な青色をしています。

個人的にはグレーに見えるときの色合いが好きです。

今後着けてゆく場面

購入してからは新型コロナウィルスの影響で、

外出が少なく使用頻度が殆どありません。

今後はレジャーやキャンプなどのアクティブな場面でなく、

旅行や冠婚葬祭・外食の機会に使用したいと考えています。

ファッション面ではブラウンやネイビー系を基調とした洋服を着る際に選択したい一本です。

メンテナンス

購入してから僅か2ヶ月なので不具合はありません。

時々ブログ用に取り出して写真撮影をしたり、ゼンマイを巻き上げる程度の使用頻度です。

正規店の国際保証を2年から6年へ無償で延長できる嬉しいサービスの案内がありますので、

もし購入を検討していましたらご活用ください!

【機械式時計の保管方法。長持ちさせるメンテナンス方法と併せてご紹介】

コメント

タイトルとURLをコピーしました