【ロレックス投資のおすすめ】オイスターパーペチュアルRef.114300

腕時計投資

【ロレックス投資のおすすめ】オイスターパーペチュアルRef.114300

はじめに

時計で資産形成をするという事に注目している人が増加しており、

ロレックス投資という言葉が定着しつつあります。

本記事では、ロレックスの中で最もスタンダードなモデルである

【オイスターパーペチュアル】のおすすめモデルをご紹介します。

本記事はこのような方におすすめ!

  • できるだけ安い価格のロレックスを狙っている。
  • スポーツロレックスはプレミアが付きすぎて買えない…。
  • シンプルなデザインの時計が好きである。

オイスターパーペチュアル概要

無駄を省いた普遍的なデザイン

ロレックスの三大発明に入るオイスターケースとパーペチュアル機構を標準装備しています。

オイスターパーペチュアルは、ロレックスの基本ともいえるモデルです。

価格帯も比較的安価で、入門機としても親しまれています。

  • 日付機能を持たないシンプルな文字盤
  • 普遍的なデザイン
  • 文字盤のレパートリーの豊富さ

このように様々な魅力が詰まっています。

今回ご紹介するRef.114300は2020年に生産終了された、39mmサイズのモデルです。

【ロレックス投資のおすすめ】オイスターパーペチュアルRef.114300を深堀

114300の基本スペック

Ref.114300の基本的なスペック

  • ケース直径:39mm
  • 製造期間:2015年〜2020年
  • 参考定価:\559,500
  • ムーブメント:Cal.3132
  • パワーリザーブ:48時間
necomon
necomon

すでに生産終了となっており、後続モデルとしてRef.124300が発売されています。

114300ダイアルの種類

Ref.114300はバーインデックスのみで5色展開

  • ダークロジウム
  • レッドグレープ
  • ブルー
  • ブラック
  • ホワイト
necomon
necomon

ベーシック~カジュアルなカラーまで豊富なラインナップとなっています。

ブルー

現行モデルにもラインナップされているカラーですが、インデックスにライトグリーンの差し色が使われている点が大きな違いです。

現在、個体によっては100万円以下で購入可能です。

ロレックスの中ではまだまだ届く価格帯なのでおすすめです。

レッドグレープ

こちらの色は現行モデルにはないラインナップ。

ロレックスの文字盤では珍しい赤み掛かった紫色が美しく、独特の存在感があります。

114300発売当初から展開されていたカラーでしたが、市場の流通が比較的少ない印象です。

ダークロジウム

美しく品のあるグレーダイアルにスカイブルーの差し色が絶妙にマッチしています。

こちらも現行モデルのラインナップにはないカラーなのでおすすめです。

ブラック

後に追加されたカラーのため、生産期間が短く個体数が比較的少ないカラーです。

サンレイ仕上げのダイアルが美しく、シンプルで洗練されたデザインです。

王道のダイアルカラーのため、長く愛用できる点がおすすめです。

ホワイト

ブラックと同様、後に追加されたカラーのため、こちらも生産期間が短く個体数が比較的少ないです。

ややアイボリーよりのホワイトダイアルが高級感を表現しています。

ホワイトも王道カラーで、シンプルで洗練されたデザインで長く愛用できるのでおすすめです。

ブラックよりさらに流通が少なく、5種類の中で一番のプレミアム価格がついています。

おすすめポイント①現行モデル124300との差別化

  • 現行ラインナップにはない39mmモデル
  • カラーリングのちがい

現行モデルの124300は41mmでやや主張が強いです。

39mmのは日本人に人気で多くの人が求めているシンデレラサイズですが、

現行モデルにはラインナップがなく、41mmが大きく感じているという方にはおすすめです。

また、ダークロジウムやレッドグレープは廃盤となっている珍しいカラーであり、希少となる可能性もあります。

おすすめポイント②ロレックス中で比較的安い

  • 現状、ロレックスのメンズモデルで100万円以下はほぼない。
  • 114300は約90万円~130万円代前半の相場
  • 124300は約130万円~文字盤によっては500万円以上

ブルーの場合、100万円以下で購入できる個体も存在しており、ロレックスの中ではお手頃価格と言えます。

一方、現行モデルである124300はターコイズブルーが爆発的に値上がりしており、500万円以上と高値になっております。

ロレックス投資をはじめるにあたり、比較的安い価格から購入するということは非常に重要なポイントです。

比較的安値で購入できるRef.114300は狙い目かもしれません。

現行モデルである124300は一番人気のターコイズブルーが500万円以上とかなりのプレ値となっている。その他にも、グリーン、コーラルレッド、イエローといった新色も軒並み200万円以上のプレ値。

114300のデメリット

  • パワーリザーブが48時間とやや短い。現行モデルは72時間。
  • バーインデックスのダイアルのみ展開。
  • アラビア数字やローマンインデックスを検討している場合、選択肢が狭まる。

結論

オイスターパーペチュアル(Ref.114300)はロレックス投資におすすめ!

  • 39mmという需要が多く今後も変わらない可能性が高い。
  • ブルー文字盤は100万円以下から購入可能。
  • ダークロジウム、レッドグレープは現行にないラインナップ。
  • 希少性を狙うならホワイト文字盤。
necomon
necomon

実用の面でもトータルバランスが優れている時計といえます。

necomon

時計と遊戯王とロックンロールと猫が大好きです。新卒で大病院に就職。→荒波に揉まれ10年間を過ごす。→『お金のための労働』という生き方に疑問を抱く。→『お金に支配されない』生き方を決意しブログを解説。実物資産という視点での時計やトレカを、 記事のコンセプトとしています。

腕時計投資
スポンサーリンク
necomonをフォローする
necomon.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました